「流れ星、四条通りの、ガード越し」

流れ星、四条通りの、ガード越し。

こんにちは、いかがお過ごしでしょうか、

チーズ飲み屋Rokkaです。

久しぶりに母親と食事に出かけた、

帰り道の四条通り。

あまりに、お腹いっぱいで、

母親を阪急の烏丸駅で見送った

あと、ガードレールに腰を

かけて、ぼんやりと東山を

眺めていました。

日中のソレとは違い、

午後の9時の風は、

やんわりと乾燥していて、

でも、あまりに明るくて、

星も見えません。

こんな時に合う曲って

なんだろうか、と思う。

青葉市子、

TAM TAM、

柴田聡子、

ブルーペパーズ、

婦人倶楽部、

Lamp、

ウワノソラ。

福岡に住む15年来の友人が、

「やぁ、元気にしてるかい?」

の言葉の代わりに、ミュージック・

ヴィデオのURLだけ送ってきます。

近頃の音楽シーンのことは

よく分かりませんが、

友人が送ってくれるソレらは、

いちいち私の心にヒットして、

縁側に座り蚊取り線香に火をつけ

缶ビールと扇風機に浸ってやろうか

と想像してしまいます。

遠くの公園で祭りの騒めきが響き、

駆けてゆく子供たちの笑い声でも

添えてくれれば、この上ない

情景になるのです。

私にとっては必要以上に

明るい街灯と、緑色した

市バスの排気ガスが、

正気に戻してくれるので、

「流れ星くらい、あっても良いぢゃないか」

と毒づいてみたりするのです。

流れ星を知らないオンナ友達が、

長野旅行で星に出会えるように、そして、

彼らの中からスターが生まれることを

祈って。

Rokka ロッカ

京都 チーズとワインとヴェルモット

※写真と本文は関係ありません、

ありませんが、私の住む部屋の

階段から見上げてコンクリートしか

見ることはできませんでした。