差し込むの?それともチクチク、締め付ける?

差し込むの?それともチクチク、締め付ける?
こんにちは、いかがお過ごしでしょうか、チーズ飲み屋Rokkaです。
一年に一度か二度ほど、そういうことが起こります。
でも、今回のソレは、これまでにないクラスのものでした。
どのタイミングで起こるのか、それは私にも分かりません。
ただ、一年に一度か二度、朝、目が覚めると体調が悪い時があります。
そして、今回は珍しく、ソレが胃痛という形で現れました。
腸が強くないことは自覚しているのですが、胃痛だなんて、いったいいつぶりのことなんでしょう。
この胃痛の痛みの表現って、ずいぶんと難しく、インターネットで調べようと思っても、私の感じ方と一般の方の感じ方が違うのか、うまく検索ができませんでした。
1分感覚で、胃を握られているような感じ。
インターネットに頼るのは諦めて、状況から判断してみることにしました。
前の晩に食事したのが、午前4時、その前の食事が午後1時すぎ。
これはきっと、胃酸の出過ぎだろうな、と予感しました。
胃酸が出過ぎ、ということは、胃の中が酸性に偏り過ぎているはずなので、これを中和してあげれば良いのではないか、と考えました。
アルカリ性の食べ物、ですぐに思いついたのが、ウォッシュ・チーズ、ウォッシュ・チーズの例の香りはアンモニア由来の香りで、そして、アンモニアはアルカリ性です。
ウォッシュ・チーズかぁ、この状況でウォッシュは無理だな、うん、ごめん、それは無理。
そして、ここで、もう一度、インターネットに接続して、調べてみました。
アルカリ性食品って、150年くらい前に流行った考え方なんだそうで、今は、すっかりと否定されているそうです。
肉などの酸性食品を食べると、体が酸性に傾くので、ビタミンを多く含むアルカリ性食品、つまりは野菜をたくさん摂りましょう、という理論。
人間の体の”体液”は”弱アルカリ性”に保たれていて、酸性食品を多く摂ったからと言って酸性に傾くわけではないそうです。
ちなみに、酸性食品とアルカリ性食品の区別の仕方は、その食品を燃やしたカスを水に溶かして、それが酸性かアルカリ性かで判断するので、酸味が強いから酸性というわけではないようです。
要するに、バランス良い食事をしましょう、という当たり前のことなんですね。
で?胃が、まだ痛いんですけど。
長くなったので、つづきは、次回に。
Rokka ロッカ京都 チーズとワインとヴェルモット
※写真は本文とは関係ありません、ありませんが、お客様からいただきました桜です、春ですね。
※3月のお休み3月は17日(日)と18日(月)をお休みさせていただきます。
ちなみに4月は14日(日)をお休みする予定です。